2009年07月08日

日光のお土産「乾燥湯葉」でヘルシーな夏のおつまみ

こんにちは!北海道のSUNです。

先日、知人から続けてお土産をいただきました。
偶然ってあるんですね〜目
2人とも日光への旅行だったそうで、ナント!お土産の中に同じ品物が。

それが、「日光かんそう湯波」exclamation×2

「ゆば」って「湯葉」じゃないのかな〜と調べてみたら、産地のうち、京都と身延(みのぶ)では「湯葉」、日光では「湯波」と書くらしいです。(知らなかったあせあせ(飛び散る汗)

実は「ゆば」を自分で調理したことがなく、しばらく放置パンチしてしまっていたのですが、せっかくいただいたのだし。。。とレシピを探してみたら、アサヒビールにこんな便利なサイトがありました!

“ズバうま!おつまみレシピ”

レシピのほか、ビールだけでなくそのお料理に合うおすすめのお酒るんるんも紹介されているんです。ゆばのレシピも20種類以上ありました。

早速、「関西:水菜と生ゆばの京風おひたし」というレシピに挑戦!(といってもかんたんですたらーっ(汗))シャキシャキ感が爽やかな初夏のおつまみ ということで、家にあった豆もやしもプラスしてみました。こちらのレシピでは、だし汁ベースでしたが、きっとexclamation&questionポン酢でもいけると思います。あっさりさっぱりおいしかったですよ。ちなみにこのレシピに合うのは、麦焼酎、米焼酎、ビール、発泡酒ということでした。


水菜とゆばと豆もやしのおひたし


もう1つ作ってみたのが、乾燥湯波のパッケージに調理例として書いてあった「油で軽く揚げ食塩をまぶしておつまみ」。(レシピ名ではないです・・・)塩は「オホーツクの自然塩 こんぶ焼塩」を使ってみました@北海道オホーツク在住^^

さくさく湯波


食べたことがないくらいうす〜いポテトチップスという感じでしょうか?揚げて崩れなかったのが不思議なくらいの軽さ。これは、止まらなくなりそう。子どもたちの前に出してはいけませんね〜一瞬でなくなるがく〜(落胆した顔)と思います。後味は、油揚げに似ていますよ。(当たり前ですがわーい(嬉しい顔)
やっぱり合うのはビールかな?大事につまみながら、日本酒でもいいかもしれません。

湯葉は大豆が原料なのでヘルシーさも魅力ですね。自宅で使うなら、折れ湯葉のような訳あり商品の方が断然オトク!かと。それにしても、湯葉っていろいろあるんですね〜お土産のおかげで、料理のレパートリーも増えそうです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。