2009年10月04日

自家製梅酒の飲み頃はいつ?〜試飲してみた3カ月ものはほんのり梅の香り

こんにちは。札幌のice-creamです。

学生時代の先輩からいただいた手作りの梅酒の味が忘れられなくて、自分でも手作りしてみようと思い、作り方を調べたのが5月。

自家製梅酒の作り方☆初心者でも簡単!手作り派は、準備を始める時期です♪

そして、実際に自家製梅酒を仕込んだのは6月。

初めての梅酒作り☆初心者でも簡単?でも、意外と甘くない!?

そして今、10月に入ったので、漬け込んでから3カ月以上経っています。

もう飲めるのかな?とうっすら色づいたビンの中を覗いています。でもまだ底のほうに少し氷砂糖が溶け残っているし…。以前先輩宅で飲ませてもらったのは1年くらい漬けたと言っていたような?「1年は待たないと!」「5年ものを飲んでいます」なんて話を聞くと、早くあけるのはもったいない気も。作り方を調べたときは「半年くらい」とあったので、一体いつが飲み頃なの!と悩みました。

しかし、梅酒の飲み頃については、3カ月でも3年でも結局は好みの問題かも?と思い直し、あまり難しく考えずに、試しに飲んでみる事にしました。仕込んだときは半年後なんて言っていましたが、フライングです(笑)。

ビンを開けると梅のいい香り。ついでにおたまでぐるぐるかき混ぜたら(やっていいのだろうか?)砂糖はきれいに溶けて、浮く梅と底に沈む梅に分かれました(今まではちょうどビンの中間くらいに大体固まっていた)。白い箱にのせて色を確認しましたが、色はまだ薄いようです。氷を入れてロックで飲んでみました。

自家製梅酒・3カ月もの

んー、まだちょっと早かったかも?ほんのり梅の香りでおいしいのですが、さらりとしすぎているというか。私が好きな、とろみがあって梅の風味が強い梅酒にはまだまだでした。もうしばらく漬けておくことにします。半年、1年、3年と、味が変化していくのも楽しみです♪残った梅の実では、マロンさんの記事『梅酒の「梅」の利用法★ちょっぴり大人の味「梅の実の砂糖漬け」の作り方』にあった砂糖漬けや梅ジャムを作ってみたい!またご報告します。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129444078
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。