2010年01月13日

自家製梅酒の試飲レポート☆6カ月ものはまさに飲み頃?

こんにちは。札幌のice-creamです。

初めての梅酒作り☆初心者でも簡単?でも、意外と甘くない!?」で手作り梅酒に挑戦して半年以上経ちました。「自家製梅酒の飲み頃はいつ?〜試飲してみた3カ月ものはほんのり梅の香り」では、ちょっと物足りなさを感じたのですが、今回の6カ月もののお味はどうでしょうか?

6カ月もの自家製梅酒

前回より色が濃くなりました(当たり前?)漬け込んだ保存瓶の中で、まだ上のほうに浮かんでいる梅が残っているのが、やや気になります。。

前回はロックで試飲しましたが、今回の飲み方は生協の「ただの炭酸水」を使ったソーダ割りです。率直な感想は・・・

これはおいしい!漬けて半年はまさに飲み頃かも♪

梅の風味と甘さ、アルコールの強さが私にはちょうどよかったです。いくらでも飲めそうでしたが、これから1年、5年、10年と熟成させて楽しむ予定なので、大事に保存しないと!今度はもーちっちさんのおすすめ「梅酒の緑茶割り」を試してみよう。

そういえば梅酒に賞味期限ってあるのでしょうか?ネット検索で調べると、「年月を経る程に、コクが出ておいしくなる」とのこと。よし、10年後もこの「ネットでつなぐ☆お酒何でも情報ブログ」で試飲レポートするぞ〜〜!

ブログ「蕎麦好きおやじの仙台日記」では、26年ものの梅酒の画像が紹介されていました。すごく濃い色!どんな味なのか、飲んでみたいです。

また3カ月後くらいに試飲してご報告します。ではでは。
posted by ice-cream at 13:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめのお酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日平成22年4月13日、台所の掃除と片づけをする。とすると広口瓶が出てくる、あの梅酒を漬けるやつである。蓋には平成11年とある。瓶の中身の色はというと“琥珀色”で一杯である。蓋は厳密に封印されている、透明のテープが巻きつけられ、それも大分劣化しており蓋と瓶に同化している。それをあれやこれやと道具を駆使し、やっとのことでそれを開封した。ふわ〜と梅のの香りが鼻を擽る、良い香りである、まったりとしている。早々おたまを手にしグラスに注ぐ。一口、“う〜ん、うまい”。
Posted by とら at 2010年04月13日 18:51
とらさん、コメントありがとうございます!
平成11年、ということは、11年物の梅酒ですね!おいしそうです〜。
今のice-creamの梅酒はコハク色に育つまで残っている気がしないので(笑)、一度“封印用”のビンに梅を漬けて、10年くらい熟成させようかしら?
Posted by ice-cream at 2010年04月14日 09:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。