2010年01月25日

大熊漁港のカツオで「かつおのごまたたき」作り★レシピと作り方

こんにちは、奄美大島在住の紬美です。

昨日は、以前から友人がシビ(キハダマグロ)やカツオの刺身を買うなら「大熊漁港」がおすすめと言っていたのを思い出し、家族で行ってみました。
(なんて書くと、家から離れた場所のようですが、生活圏内です)

小さな販売所ですが、お客さんの出入りがけっこうあり、地元に愛されている様子わーい(嬉しい顔)港にあがった新鮮なお刺身のほかにも魚のコロッケなどのお惣菜も売られていました。ネット販売もしているようです。
宝勢丸オンライン出張所

シビとカツオのお刺身は、500円と1000円のもの2種類。
迷った結果、「せっかくだし♪」と思い、大きい1000円の方を購入しました。

そのまま食べようかとも思ったのですが、休日ということでひと手間かけてみました。

作った料理は「かつおのごまたたき」
簡単ですが、レシピはこちら。

■材料(4人分)
カツオの刺身(皮なしのもの):400グラム
長ネギ:1/2本
しょうが:大1かけ
にんにく:1かけ
青じそ:15枚
万能ねぎ:5本
白ごま:大さじ1

【ごまだれ】
しょうゆ:大さじ3
みりん:大さじ1
砂糖:小さじ1
ごま油:小さじ1
レモン汁:大さじ2
すり白ごま:大さじ1

■作り方
1)カツオを粗みじん切りにして、包丁でたたく。細かすぎてもおいしくないので、注意。
2)長ネギ、しょうが、にんにく、青じそ(5枚)をみじん切りに。万能ねぎは小口切りにする。
3)ごまだれの材料を混ぜて味見。好みで分量を調整する。
4)全材料を混ぜる。ごまだれは味を見つつ、加えた方が失敗しにくい。
5)青じそを皿に並べて、上にカツオを盛り付ける。

かつおのごまたたき


るんるんおすすめの食べ方るんるん
焼きのりの上に青じその葉をおき、そのうえにかつおのたたきをのせて巻いて食べるのが、個人的にはおすすめです。

刺身好きの夫には「おいしい」と好評でした手(チョキ)
でも、4歳の娘からは一口食べただけで、「いや〜」と泣きが入ってしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)子どもには薬味が強すぎたのかもしれません。残念バッド(下向き矢印)
離乳食中の次女は、見てるだけ〜(^^;

今回は、お酒は飲まなかったのですが、これをおつまみにして、お酒をチビチビ飲むと、かな〜り幸せな時間が過ごせそうですわーい(嬉しい顔)どんなお酒が合うかは、こちらのページが参考になるかも。
カツオの刺身とお酒の相性

カツオをショウガ正油で食べた場合の相性とのことですが、相性診断のコメントが面白いですよ♪

ちなみにこのページは、「静岡 丸河屋」というショップのサイトで、店主の河原崎吉博さんはテレビに出演されたこともあるそうです。お酒に関する情報が豊富で、とっても興味深い内容が多いですよ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139310124
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。