2010年02月15日

今年のバレンタインはカナディアンアイスワイン

こんにちは、神奈川のakiです!

先週末はバレンタインデー黒ハート デパートに行ったついでに、チョコレート売り場にも足を運んでみました。色々と美しいチョコレートが並んでいて、どれにしようかと悩んでいる中、ふと目についたのが「カナディアンアイスワイン」。「アイスワインって何? 凍ったワイン!?」などと思っていると、試飲もできますよという言葉につられ、ふらふらと引き寄せられました。

アイスワインを一言で表現すると“自然に凍った完熟葡萄から造られるワイン”とのこと。試飲してみると、濃厚であまーい。貴腐ワインをほうふつさせます。聞いてみると、「天然に濃縮された果汁を発酵させる」という原理が同じなのだとか。

葡萄が凍る極寒の早朝に、一房ずつ手作業で収穫し、その凍った葡萄からは、通常の葡萄の8分の1程度の果汁しか搾汁できないという。そして、温暖化の影響で欧州のアイスワインの生産量が急減している中、カナダでは安定した高品質のものを生産している。

「今年のバレンタインはチョコレートではなくカナディアンアイスワイン!」と夫に宣言して購入したのは“Konzelmann Estate Winery ヴィダル アイスワイン 50ml”
カナディアンアイスワインの写真


売り文句は「クローヴや紅茶のような複雑なアロマと、オレンジや金柑のシロップ漬けを想わせる甘さ」。

バレンタインのチョコレートに負けない芳醇な甘みを楽しみながら、生産者の苦労や環境問題にも思いをめぐらす、ちょっぴりビターなバレンタインの夜でしたバー
タグ:ワイン
posted by aki at 05:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめのお酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141136150
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。