2010年06月28日

ビールに合う!!鶏のひざ軟骨を焼くだけの、お手軽おつまみレシピ

こんにちは、Nagi@静岡です。

皆様いかがおすごしでしょうか。梅雨に入り、私の方は家に引きこもる日が続いています。
1歳10ヶ月になるウチの双子もヒマを持て余し、それの相手をする私のストレスも・・・ううう;;

こういう時はご飯を作るのも何をするのも億劫で、だんだん食事のメニューがいい加減になっていきます。

ああ〜、ご飯つくるのがめんどくさい〜・・・レトルトでいいや。
でも、酒のつまみだけ(!)はつくらないと。
なるべく手が掛からない・・・焼くだけとか煮るだけで済んで、調理時間10分以内で何かできないかしら。

こういう心理状態の時によくやるのが、「鶏のひざ軟骨炒め」。
簡単なのに、これがビールによく合うぴかぴか(新しい)んです。
torinankotu.jpg

【レシピ】
鶏のひざ軟骨を中火で焦げ目がつくまで炒め、塩コショウを多めにふるだけ!!という手軽さ。
鶏から油がいっぱいでるので、炒める時にサラダ油を入れる必要はありません。炒め終わったらフライパンの油を少し拭きとっておくといいかも。
レモンでも添えれば見た目もよくなりますが、レモンを切ることさえ面倒であればポッカレモンでOK!
一家に一本ポッカレモン!!

【アレンジレシピ】
塩コショウで物足りない場合は、炒めている時に甜麺醤(テンメンジャン)を大さじ1入れるとコクが出ておいしいですよ〜。仕上げに長ネギの千切りでも添えれば、お手軽おつまみとしては上等。

テンメンジャンの代わりに、トウバンジャンコチュジャンでもいいですね。
中華料理の調味料は、名前が難しくて味の想像がつきませんが、辛いのがお好みならトウバンジャン(四川料理など)、甘辛ならコチュジャン(焼肉屋さんでタレの横についてる味噌など)、テンメンジャン(北京ダックにつける味噌)は甘くなります。
トウバンジャンテンメンジャンを加えると、味に深みが出るそうですよ。
この3種類があれば、色々な味が楽しめますね。

鶏だから、ローストキチンのタレを作って炒めてみてもおいしいかも?
バルサミコ酢は割と好きなのですが、なかなか使う機会がありません。
ただ現在、ローストチキンのタレを作るのが面倒(!)なので、これは梅雨が明けたらトライしてみます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154734304
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。