2010年09月02日

勝沼にワインの買い出しへ、アルガブランカ ブリリャンテ2006も!

こんにちは、Nagi@静岡です。

今年の夏はホントに暑いですね〜;;
9月に入っても朝からエアコン使ってるなんて、はじめてかも。

こう暑いとビールが欠かせないのですが・・・

ワタクシ8月からダイエット中なのです!

子どもをプールに連れていくためには自分も水着にならないといけないワケで・・・。
え?でも、こんな足やら腹まわりを人前に出せないじゃん!

今年はプールはやめよう(笑)!

・・・そうは言っても、来年までにはもう少しなんとかしないと。

平日は休肝日として、ビールの代わりに強炭酸のミネラルウォーターを飲んで運動して、週末に一週間分のアルコールをいただくことにしました(痩せるか?これで?)。

そんなワケで先月、ぴかぴか(新しい)ゴージャスな週末ぴかぴか(新しい)を演出するためのワインを山梨県の勝沼で山ほど買ってきました。
まずは「ぶどうの丘」で1100円払って全銘柄を試飲(ダンナは運転手なので試飲は私だけ)。
tika01.jpg
(写真:手前で籠を持ってるのはうちの息子)

この日はけっこう混雑していて、酔っ払っている人が多いのか、何度か試飲用のワインが割れる音が・・・。

ワインを吐き出すつぼもあるんですが、試飲の数が多いと、いちいち吐きに行くのがめんど臭くて、結局全部飲んじゃったりするんですよね〜。
白の辛口から始まって、白甘口、ロゼ、赤甘口、赤辛口と進みますが、ロゼにたどり着くころには、すでに足元がおぼつきません・・・。
yopparai.jpg
(写真:娘に手を引かれているワタシ)

次に勝沼醸造で、モーニングの「神の雫」で紹介されていた、和食に合うシャンパン「アルガブランカ ブリリャンテ2006」を購入。ウチの双子の誕生日をお祝いするため(ただの口実)です。
このワインは一本一本びんの中でぶどうを発酵させるシャンパーニュと同じ製法で造られていて、国内外で大変評価が高いのですが・・・、お値段も少々高かった・・・
まあ、特別だからということで。
wine02.jpg

勝沼醸造でも一通り試飲しましたが、ここではユニークな試飲がありました。同じ銘柄のワインを生産者別、畑別、年度別の6通りで飲み比べです。
katunumawine01.jpg

こういう細かい飲み比べの機会は、なかなか無いですよね。それぞれのワインに個性があって楽しめました。
この時、近所のおじさんがお客さんに出す用のワインを探しに来ましたが、試飲の仕方が「ぶどうの丘」の酔っ払い集団と違う!
グラスをちゃっと回して、ワインを口に含むとペッとつぼに出してましたが、その一連の動きがジェントル〜(でも農作業着姿)。
ワインが生活に溶け込んでるんですね〜。

さて、今回の収穫はこちら。
wine01.jpg

これを書いてる時点ですでに何本か空けたんですが・・・

あれ?試飲の時とイメージが違うかも?

飲み過ぎて舌がおかしくなってたみたいです;;
過ぎたるは及ばざるがごとしとはこのことか。

今回の目玉だった「アルガブランカ ブリリャンテ2006」も、・・・う〜ん、子どもの誕生日に飲むワインではないな。
この手のワインは好き嫌いもあるので、他人の評価よりも自分で確かめてみたほうがいいですね。

去年もこちらで紹介しましたが、来月は勝沼でぶどうまつりがあります。今年は10月2日(土)みたいですよ。現地にいかれる方は、くれぐれも飲み過ぎないように。
タグ:ワイン 試飲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。