2010年10月13日

平城遷都1300年祭で盛り上がる奈良で行われた「東大寺音舞台」と曽爾高原ブルーベリービール

こんにちは、奈良のマロンです。

今年の奈良は平城遷都1300年祭で特別イベントが目白押し。10月8日〜10日まで天皇・皇后両陛下が奈良を訪れ、市街地は、交通規制やら警官やらで、ものものしい雰囲気に包まれていました。

そんな中、9日に東大寺で行われた「光明皇后1250年御遠忌記念 東大寺音舞台」というイベントに参加しました。

どんなイベントかというと、東大寺の大仏殿をステージに沖縄出身のインディーズアーティスト「HY(エイチワイ)」のライブ、シルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマンス、サラ・ブライトマンのコンサートが行われるというもの。ちなみに私はどのアーティストも知らないで参加したのでした(−−;)

当日は、朝から強い雨風で、開催が危ぶまれましたが、1時間開演を遅らせて開催されました。残念ながらシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマンスは、カットされてしまいましたが、開演時間の7時30分になると雨が止み、「HY」のライブとサラ・ブライトマンのコンサートは、思いっきり堪能しました。

「HY」のライブでは、「時をこえ」という曲に琉球舞太鼓の人たちがコラボして圧巻のステージ。力強い舞と太鼓の音、切ない歌詞がなんともいえない感動を呼び、会場は割れんばかりの拍手に包まれました。

その後、45分間の舞台転換がありふらふら、サラ・ブライトマンの登場。
なじみのあるポップスからミュージカルソングまでオーケストラをバックに透き通るような高音を効かせて歌いあげてくれました。

特に「オペラ座の怪人」の曲では、
「あ〜」(←高音)
「あ〜」(←更に高音)
「あ〜」(←人間の音域を越えた高音)
と素晴らしいパフォーマンスに会場はスタンディングオベーション。めったにスタンディングオベーションなんて起こらない奈良で、これだけの聴衆を感動させたのだから、すごい舞台だったと言うことが伝わりますでしょうか?

この「光明皇后1250年御遠忌記念 東大寺音舞台」の模様は、TBS・MBS系列のTV局で、11月3日(水)午前9時55分-10時55分に全国ネットで放映されます。

ぜひ、ご覧ください。感動ものです。

さて、奈良では、イベントだけでなく、「せんとくん」をモチーフにした記念グッズなどもたくさん発売されていて、先日、すごいものを見つけてしまいました。

『曽爾高原(そにこうげん) ブルーベリービール』

曽爾高原ブルーベリービール
大麦・麦芽の中に曽爾高原のブルーベリーを入れた発泡酒です。アルコール度は6%なので、リキュールみたいな感じでしょうか。

取材を言い訳にして、早速購入、写真をパチリ。なかなか飲むタイミングがないまま、気づくと夫に飲まれていましたふらふら。夫に感想を聞くと、

「おいしかったよ」

・・・だそうですもうやだ〜(悲しい顔)。また、見つけたら挑戦してみます。
posted by マロン at 13:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知って得するなんでも情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。