2010年10月29日

最近気になった発泡酒、この2本!「韓国産 こだわり凛麦 生」「アサヒ くつろぎ仕込」

こんにちは、Nagi@静岡です。

8月から始めたダイエット生活ぴかぴか(新しい)意外と順調ぴかぴか(新しい)で、平日休肝日も続行中。
そのせいか、土曜日になるとあれもこれも飲みたい〜とフィーバー状態になるんですが、そんな中で気になった発泡酒2点をご紹介。

「アサヒ くつろぎ仕込」
アサヒの発泡酒:くつろぎ仕込
飲んだ瞬間、あれ?どこかで飲んだような・・・あっ!ヴァイツェンビールじゃん!
アサヒのホームページを見ると、特許出願中の製造技術でヴァイツェンビールの香り成分「4VG」を実現したそうです。

実際のヴァイツェンビールと比べると後味が違うしコクも足りないのですが、それでも

この値段で!
(大体どこでも110円前後、ちなみにヴァイツェンビールなら400円くらい)


発泡酒なのに!


これはすごい!


と、次にスーパーに行ったときには箱買いしました。
これは新ジャンルと言ってもいい、発泡酒の新たな挑戦ですね。

(二番煎じでもいいから、どこかの会社がベルギービールテイストをやってくれないいかな、と密かに期待・・・。)

「韓国産 こだわり凛麦 生」
韓国産の発泡酒:こだわり凛麦 生
先月あたりの新聞で、発泡酒の売上で「韓国産の発泡酒が席巻!」という記事が。
近所のスーパーでは見たことがなかったので、気になっていたのですが、先日安売りのスーパーに行ったところ、ようやくぴかぴか(新しい)実物を発見!ぴかぴか(新しい)早速購入しました。

なんと1本100円切ってるんですよ、これ。
この時は、安売りのスーパーで91円。
以前イオンのプライベートブランドで、同じくらい安い発泡酒を買ったことがあるんですが、ノンアルコールビールを更に薄めたようなまずさでガッカリ。なので、安い発泡酒には期待も薄く警戒感がありましたが・・・。

問題のお味は、う〜ん・・・ごく普通
ひと昔前の発泡酒と同じくらいかな。発泡酒が「ビールの代用品」呼ばわりされてた頃の、やや物足りない味。
ただ、この値段でこの味だったら時々買ってもいいと思う。

とりあえずダンナが平日一人で飲む用に買いました(笑)。

円高、ウォン安などの影響もあるのかな。海外で安く作って日本で売って、という選択肢が今後増えてくるのかもしれませんね。
posted by Nagi at 09:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめのお酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

沖縄オリオンビールの発泡酒・orion Rich(オリオンリッチ)を北海道で味わう

こんにちは、北海道のskyです。

先日、冷蔵庫を開けると見慣れない缶が冷やされていました。
夫に聞くと、「お土産にもらった」とのこと。
なるほど、道理で南国っぽい雰囲気が♪

沖縄のビールで有名な、オリオンビールの発泡酒でした。
「orion Rich(オリオン リッチ)」というそうです。

ネットで調べると、2008年から販売されているようですが、
北海道に住む私も夫も、見るのは初めてでした。

オリオンリッチの缶

以前何かで「オリオンビールは沖縄で飲むのだから、おいしいのであって、別の気候の土地で飲んでも、あのおいしさは分からない」と聞いたか読んだかしたことがあったのですが、ちょうど北海道も夏なので(笑)とってもおいしかったですよ。

もともと私はビールの苦みがあまり得意ではないので、発泡酒の軽さと麦の風味がほどよくマッチしていて、飲みやすかったです!缶に『大麦50%増量』と書いてあるのも納得の味でした。


・・・にしても、北海道の人って、実は沖縄好きが多いのかも。沖縄のお土産をもらうことって、そう珍しいことではないんです。かくいう私も、北海道に移住してから、2度ほど石垣島に行っています。

石垣島のネイチャーガイドさんに、「北海道の道東から石垣島までの距離は、道東―モンゴル間にも相当する」と言われたことがありましたが(笑)はるばる北から南へ移動してでも、楽しみたい魅力が沖縄にはたくさんあるのだと思います。

北海道も超おすすめですが(笑)久しぶりに南の島に行きたくなった夜でした(^^)
タグ:発泡酒
posted by sky at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめのお酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

1300年祭でわく奈良に新しい地酒誕生!マッコリよりおいしい!?豊澤酒造「ずぶはち」を試飲

こんにちは、奈良のマロンです。

「平城遷都1300年祭」で、楽しいイベント満載の奈良。奈良公園では「全国光とあかり祭り」が開催され、神戸ルミナリエやねぶた、OSAKA光のルネッサンスなど、日本全国の光の祭りのおいしいところだけを凝縮して紹介するイベントが4日まで実施されています。

奈良公園から徒歩15分のところにある我が家も、連日多くの観光客が行きかいます。そんな賑わいを見せる奈良の市街地にあるスーパーで発見したのが「ずぶはち」(豊澤酒造)。税込みで定価1050円。

豊澤酒造「ずぶはち」

奈良では、業務スーパーとして有名な「OK」との共同開発で、販売されてまだ3ヶ月なのだとか。店頭にあったコメントの「大ブームのまっこりよりうまい!」に惹かれて購入してみました。

早速、家に帰って試飲♪

たしかにさっぱりした飲み口で、マッコリのような酸味、にごり酒特有の米の粒粒感を残しながら、ほんのり日本酒の香りも忘れないというところは、和のリキュールといっても過言ではありません。

アルコール度も6度と低めで、甘みのないカルピスみたいな感じなので、日本酒が苦手な人も楽しめそうです。アペリティフにはピッタリです。

店頭では、おすすめの飲み方としてレモン割りが紹介されていましたが、個人的にはソーダ割りが合いそうです。

こちらの豊澤酒造は、奈良でも有名な地酒のお店で、近鉄奈良駅東口の改札前に「立ち呑み処 蔵元 豊祝」というお店を出しています。黒を基調にしたシックなデザインのお店なので、女性だけでも気軽に飲みにいけます。

奈良の平城遷都1300年祭は、今年一杯続くそうなので、観光にきたら、ぜひ、チェックしてみてください。
posted by マロン at 15:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめのお酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

自家製ベリージャムとボンベイサファイアドライジンでカクテル作り

こんにちは、北海道のSUNです。

1カ月くらい前に勢いでexclamation&question買った「ソーダサイフォン」。どんなもんだろうと思っていましたが、これがなかなか大活躍!です。


何日かなら保存がきくので、いつでも「適量が使える」。そして、「ペットボトルのゴミが出ない」ところが気にいってます。

ソーダサイフォン活用術(まあ、ソーダと同じなんですが^^;)、今日は、自家製ベリージャムとジンのカクテルの作り方です。

我が家の庭には、前に住んでいた人がそのまま置いていってくれた植物がたくさんあるのですが、ベリーもその1つ。(詳しい種類はわからず……)毎年、徐々に増えているとはいえ、ほんの小さな実なので、そのまま食べても物足りない感じ。なので、収穫したら、その都度レンジでベリージャムにしてしまいます。作り方は簡単。

≪簡単ベリージャムのレシピ≫

1.ベリーを洗って、水気をふく
2.耐熱の器に入れ、適量の砂糖をまぶす
3.ラップをかけて、レンジにかける(時間は量によって様子を見ながら)
4.できあがり

簡単・レンジでベリージャム


そして、ジンは「ボンベイサファイアドライジン」。この涼やかなブルーに魅かれて購入したのですが、香りもよく、とてもおいしいジンです。アルコール度数は47%!危険爆弾ですわーい(嬉しい顔)

ボンベイサファイアドライジン


カクテルの作り方は、ジャムとジンにソーダとレモンをプラスして軽くステア。レモンの量はお好みで。

ベリージャムとジンのカクテル


ベリーのフルーティーな香りがジンとよく合って、おいしく飲みやすい♪自家製ジャムなので、甘さも調節できて◎ですよ。

posted by SUN at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめのお酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

韓国のお酒「マッコリ」☆カクテルで飲み比べ

こんにちは、奈良のマロンです。

静岡のNagiさんの『マッコリ、これがなくては始まらない!焼肉の影の主役』や、北海道のSUNさんの『韓国のお酒「マッコリ」のおいしい飲み方★ヨーグルトがおすすめ』、北海道のskyさんの『ウリスル「梨マッコリ」を飲みました!』で出てきたマッコリ。

一体なに?韓国のお酒らしいけど、どんな味なんだろう??とずっと疑問に思っていた私。

韓国のお酒はJINROしか知らないので一度、購入してみようと思ってやっと昨夜入手しました。

入手したマッコリは、静岡のNagiさんの記事にも登場したあの、ペ・ヨンジュンが宣伝している韓国伝統料理店 高矢禮(ゴシレ)のゴシレマッコリ。

ヨンさまが宣伝しているので高いのかと思ったら、近くのイーオンで320mlが498円とお手ごろ価格でした。

マッコリカクテルなるものもあるようなので、今回いろいろと飲み比べてみようと、オレンジ・カルピス・ソーダ・レモン・緑茶で割ってみました。

100619makkori.jpg

まず、ストレートで1杯。日本の白酒をイメージしていたら全然違っていて、酸味があり飲みやすい。おいし〜い。

次に100%オレンジジュース。1:1ぐらいで割ってみたらオレンジが強くなってしまって、少し苦味が出てしまいました。

カルピスは、マッコリの量を少し多めにして割ったらいけます〜。さっぱりした飲み口に。

ソーダ(甘みなし)は、マッコリの爽やかな後味が引き立ちます。

100%のレモン果汁は、マッコリが負けてしまった感じに。余計に酸味がきつくなってしまいました。

意外にいけたのが緑茶割り。あまりの飲みやすさに思わずグイグイいってしまいそう。大津のもーちっちさんの記事『「梅酒の緑茶割り」の作り方♪さっぱりおいしくてやみつき!』でもありましたが、緑茶ってお酒に合いますねぇ〜。

ほんのちょっと試飲するつもりが、それぞれ1杯ずつ飲んでいたらすっかり酔っていい気分に。

マッコリ、これはおすすめです。
posted by マロン at 20:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめのお酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

ウォッカのおすすめ飲み方★ブラッディメアリーよりシンプルにトマトジュースで一気飲み!

こんにちは、北海道のskyです。

先日久しぶりに会った友人と、6〜7年前のことで盛り上がりました。当時の“飲み”の話です。その頃ロシアを何度か訪れていたその友人は、面白い飲み方を教わったと言って、ロシア人直伝、ウォッカのおすすめの飲み方を披露してくれていました。

その飲み方(カクテル?)に名前があるのかどうか未だに定かではありませんが、作り方は、おちょこのような小さいグラスにウォッカを注いだあと、グラスを傾け、比重の重いトマトジュース(有塩のもの)をウォッカの下に入るように流し込むというもの。

比率はトマトジュース「1」:ウォッカ「2 or 3」くらいでしょうか。

2層にきれいに分かれているそのグラスを眺めつつ……一気飲み!するんです♪

一瞬、喉がカーッと熱くなり、ウォッカが主張するんですが、そのすぐ後からマイルドなトマトジュースが優しく潤してくれるので、後味はさわやか♪何杯でもいけます。(正気)

レモンやタバスコ、塩・こしょうなどスパイシーな調味料も加える、手の込んだカクテル「ブラッディメアリー」よりかなりシンプルですが、みんなでワイワイ飲む楽しい雰囲気も手伝って、本当においしい味の記憶として残っています。

それぞれが多忙になり、その友人とも明け方まで深酒をすることもなくなりましたが(笑)またいつかウォッカの一気飲み、やってみたいと思っています。

興味ある方は、おためしあれ〜!(酔いますけどね^^;)
タグ:ウォッカ
posted by sky at 10:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめのお酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

ウィスキーが苦手でしょ〜な人にオススメ!山崎蒸留所仕込水割りロックでつい にウィスキーデビュー!

さて、前半はレーズンバターの話で熱くなってしまいましたが、普段ウィスキーなど飲まない私が、今回レーズンバターと一緒に買ったのがコレです。

サントリーウイスキー 山崎蒸留所仕込水割りロック
yamazaki.jpg

近所のスーパーで、以前からダンナが飲みたがっていた「ウィスキーがお好きでしょ〜」のCMでおなじみの、ハイボールの缶を買ったついでに手に取ったので、ウィスキーが苦手な私としては全然期待していなかったのですが、これが・・・・

すっごい、うまい!!!

口当たりがよく、甘いというか、繊細かつ、まろやかな味わい。それでいて力強さを感じる。ウィスキーと水のブレンドも、これ以上でもこれ以下でもありえないという絶妙さ。

これが「山崎」ウィスキーの世界か!

今までウィスキーって、苦くてアルコールがキツクて飲みづらいイメージだったのですが、そんなイメージは吹き飛びました。

毎度おなじみの、神の雫風に言うと

おおお〜、静寂につつまれた夜明け間際の森をさまよい、朝霧のけぶる中で私はたくましい牡鹿に出会った。彼はゆっくり首を上げると、黒くぬれた瞳で私を見つめた。」

・・・みたいな味わいなんですよ。

来た。

ついに私もウィスキーの世界に足を踏み入れる時が来ましたよ!

ウィスキーが苦手だと思っていた人も、これは試してみる価値ありです!

あ、そういえばメインで買ったハイボール缶の方は・・・可もなく不可もなく・・・というところでした。
・・・ベースが「」だから??

山崎」でハイボールを作るなんて贅沢かしら?

でも、・・・

おいしいだろうなあ〜。


ちょっと調べてみたら、こちらで詳しいハイボールの作り方を発見。

教えます!"すごいハイボール" のつくりかた/グラスの向こう側 - サントリー山崎蒸溜所Blog

これはすごい!
機会があれば、ぜひ試してみたいですね。
posted by Nagi at 13:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめのお酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

アンティス-ANTIS-[2005]〜シャブリの伝説、ウィリアム・フェーブルが贈るハイプレミアムワイン

こんにちは、神奈川のakiです!

皆さま、母の日はいかがお過ごしでしたか? 私はのんびり家族と一緒に過ごしました(母には別の日に贈り物しました!)。上の娘からは入浴剤、下の娘からは保育園で作ったしおりとコースターをもらい、ほのぼのとしていると、夫が夕食前に「ちょっと買い物に行ってくる」と出掛けました。

帰宅した夫の手にあったのは、こちらのチリの赤ワイン、“アンティス-ANTIS-[2005]”です。
アンティス-ANTIS-[2005]の写真

母の日だからと買ってきてくれました。娘には「お父さんのお母さんはおばあちゃんでしょ!」と突っ込まれていましたが(^^;

早速コルクを抜くと、ふわっといい香り。今までに飲んでいた物よりも格段にいい香りです。すぐに飲みたいのをぐっとこらえて、しばらく置きます。そしてグラスに注ぎ、口に含んでみると、しっかりとしたフルボディの中にもフルーティーな味わいがバランスよく楽しめます。なんと表現したらよいのか、とにかく非の打ち所がないのです。

「おいしい。。ありがとう。。ところで、これいくら?」と現実的な私に、夫は「まぁまぁ」と言っていましたが、とうとう聞き出しました。そのお値段、5千円でした(@ @; ふだん(と言ってもたまにですが)飲んでいる物の倍のお値段です。

酒屋の主人が言うには、「フランスワインだったら、1万円クラス」だとか。ひゃー、ふだんは手が出ないプレミアムワインです。おいしいわけだ。

ふだんは2人でボトルを空けてしまうのですが、この日はなんだかもったいなくて(?)、半分ほど飲んで冷蔵庫へしまいました。それから数日間少しずつ楽しんでいたのですが、昨晩でいよいよ最後。夕食時にワインをグラスに注ぐと...また一段とフルーティな香りがします。口に含むと、先日飲んだときよりもまろやかになっていて、更においしく感じます。時間を置く(空気に触れさせる)だけで、こんなに味が変わるとは。これはデキャンタの購入を考えてもいいかもしれない♪

というわけで、このワインのおかげで幸せな数日間を過ごしたのでした。調べてみると、このワインは、シャブリの老舗として活躍したウィリアム・フェーブルと、チリ・プレミアム・ワイン産地、マイポ・ヴァレーの最も歴史あるワイン生産者のひとつであるピノ家が提携したワイナリーで作られていて、最も良い区画の、最も良い葡萄樹の果実が使われているとのこと。皆さまも、特別な日の贈り物にANTISはいかがですか?


(クリックすると「お酒@ネット(楽天市場)」のページへ飛びます)

# 調べてびっくり。以前ご紹介したシャルドネも同じワイナリーでした。
posted by aki at 17:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめのお酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

国内初ノンアルコールの黒ビール「BLACK ZERO ZERO」のご紹介

こんにちは。GWは大したイベントも無く過ごしたあせあせ(飛び散る汗)新潟県のJIUです。

先日、地元の新聞を見ていたら、大津のもーちっちさんが紹介されていたように、連休中もきっと大活躍だった「ノンアルコールビール」に、国産の黒ビールが仲間入りした記事を発見しました。

新潟の地ビール会社新潟麦酒さんが、国内初のノンアルコール黒ビール「BLACK ZERO ZERO」販売開始ということ。これまでも、国外の黒ビールテイスト飲料は存在したようですが、国内ではこれが初めてとのことです。

↓通販でも購入可能です♪↓



(クリックするとショップ「サントノーレ」のページへリンクします)


最近寒いですし…たらーっ(汗)普通のビールより、黒ビールいいかもです♪コクがあっておいしいですよね。

未成年の方にも妊婦さんにもおすすめですし、ノンアルコールって楽しみが広がります!

この新潟麦酒さんは、有名なベルギービールと同じ「ビン内醗酵」、「ビン内熟成」という製法の免許を、日本で初めて取得したそう。以前、新潟の別の地ビール会社エチゴビールさんをご紹介しましたが、こちらとも飲み比べてみたいです!(^^)!
タグ:地ビール
posted by JIU at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめのお酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

北海道ハイボール「DoHi」★北海道産の素材にこだわった焼酎ハイボール(りんご&ぶどう)

こんにちは、北海道のSUNです!

朝晩は冷え込みますが、クロッカスの花かわいいが咲き始めた北海道。これから一気に花のシーズンを迎えまするんるん

さて、チューハイは、ほとんど飲まないSUNですが、
先日、お酒売り場でひときわ鮮やかなラベルのチューハイを発見目

北海道ハイボール(グリーンアップル&レッドグレープ)


手にとってみると、

北海道ハイボール「DoHi」

「道産の素材にこだわって造りました」
と書いてあるexclamation×2

たぶんこちらのサイトにあるチューハイがリニューアルされたものだと思います。
このラベルは、女満別空港のお土産売り場で見た覚えが・・・
(シンプルなHPなので、定かではありませんが)

新商品情報:北海道麦酒醸造

ハイボールというとウイスキーが一般的ですが、これは、焼酎ハイボールです。
2種類の共通する特徴は、北海道産ビートから作ったグラニュー糖を使っていること。

そして、レッドグレープには、仁木町産ぶどうの、グリーンアップルは、余市町産りんごのストレート果汁が使用されています。

飲んだ感想は、「ジュ、ジュースあせあせ(飛び散る汗)」でしたが、
(私は、甘いお酒が苦手ふらふら
甘いけれど、ファンタグレープなどよりは、くどくない甘さですよ。
アルコール度数は4%です。

北海道限定発売なのかは不明ですが、見かけたらチェックしてくださいね。甘〜いお酒が好きな人には、ぜひ試してほしいです揺れるハート



posted by SUN at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめのお酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

NHK大河ドラマ『龍馬伝』談義&坂本龍馬にちなんだお酒

突然ですが、NHK大河ドラマ『龍馬伝』見ていますかー?
毎週日曜夜にテレビの前で正座して凝視しているice-cream@歴女です、こんにちは。

坂本龍馬福山雅治さん、カッコイイ!本物の写真と似ていないことはこの際無視で、私は今“福山龍馬”に夢中です。
また共演者がいいですね。小汚いのが有名になった岩崎弥太郎(香川照之さん)もいいですが、私のイチオシは武市半平太(大森南朋さん)です♪人望があって、それでも気まじめ過ぎてという人物を大森さんが好演しています。第一話では、飲めないお酒で失敗して「腹を切る!」と大騒ぎしていたかわいい側面もあったのに、第2部に入ってからはどんどん“悪”の部分が強調されて、すっかり“ダーク・ハンペイター”に…。歴史を紐解くとこれから盛り上がるシーンもたくさんあるので、それらをどのように演じてくれるか、期待しています。

実際の武市半平太(武市瑞山)も下戸で甘党だったようですが、幕末のヒーロー・坂本龍馬はイケル口だったのでしょうか?長崎で岩崎弥太郎と飲み交わした等、酒席でのエピソードは数々あるので、きっと飲める人だったのかなと思います。

龍馬伝効果を狙ってか、坂本龍馬にちなんだお酒は探すとたくさんありました。

その名もずばり「龍馬伝」という純米酒(月桂冠)。容器と化粧箱は龍馬が姉の乙女に宛てた手紙文をモチーフにデザインされているそう。


ゆかりの地である高知・京都・長崎それぞれの米・芋・麦焼酎のセット。パッケージを3本セットで並べると、日本地図と龍馬の手紙の一文が出てくるそうです。


「明治維新 坂本龍馬瓶」(日本ビール)のビールまでありました。ラベルには坂本龍馬の顔写真が。「飲んだ後はインテリアとしても」とお店のページにありましたが、せっかくなら福山雅治の龍馬写真がよかったかも(笑)


司馬遼太郎『竜馬がゆく』が出版されて以来、日本人にはファン(特に男性ファン)が多い坂本龍馬のこと。龍馬談義を肴に、こんなお酒を楽しむのもよさそうですね。
posted by ice-cream at 22:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめのお酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

イタリアワイン生産の王者・ファルネーゼがアナタに贈る贅沢な赤ワイン★「神の雫」にも登場

こんにちは、神奈川のakiです!

先日、知人が北海道土産のチーズを持って遊びに来ることになり、早速いそいそと近所の酒屋へワインを物色しに出かけました。

わが家の好みのワインは、赤のフルボディ。ガツンとクセのある物をよく選びます。が、この日は酒屋の主人に「チーズと合わせたい」と伝えると、いつものワインではなく「たまにはこれもどう?」とお店の奥から出してきたのが「モンテプルチアーノ・ダブルッツォ・カサーレ・ヴェッキオ」という赤のフルボディ。

お薦めの理由をたずねると、「これはファルネーゼという良心的な生産者が作っているワインで、1本の樹になる葡萄を2房に制限しているのでギュッと味が凝縮されているんですよ」との事。たったの2房!?と驚きラベルを見ると次のようにありました。

ラベルより引用
このワインは、通常であれば1本の葡萄樹に8房の実をつけるところ、信じ難いことに僅か2房に制限して造られました。このため、スタンダードクラスと比べると色も濃く、香りも際立っており、味わいは驚くほど凝縮されています。...略...

「ふだんよく飲まれるワインみたいにインパクトはないかもしれないけれど、チーズに合わせるならこちらの方がいいと思いますよ」という言葉と、手頃なお値段♪でそれに決定! そして、知人と一緒にチーズをつまみながらワインを飲んでみると、美味しい〜。バランスよく飲みやすいそのワインは、チーズとの相性もバッチリでしたわーい(嬉しい顔)

そして後日知ったのですが、なんとこのワインはコミック「神の雫」にも登場していたと(ヴィンテージ違いですが)! そうと知っていたら、もっと味わって飲んだのにーexclamation&question

皆さまも、機会がありましたら、ぜひお試しください!


(クリックすると「ハモニカ横丁(楽天市場)」のページへ飛びます)

posted by aki at 20:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめのお酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

麦と芋のブレンド焼酎「元老院」飲んでみました♪

こんにちは、神奈川のakiです!

わが家に常備しているお酒は、芋焼酎か泡盛。1本飲み終えると、近所の顔なじみの酒屋に行って、世間話しながら新顔のお酒がないかなどチェックして買い物します。

先日、いつものように酒屋へ行きました。すると、今まで見たことのない琥珀色のお酒が芋焼酎のコーナーに置いてあります。その名は「元老院」。が、ラベルには「本格焼酎」とあり、「芋焼酎」とは書いてありません。酒屋の主人に聞いてみると「麦と芋のブレンド焼酎」とのこと。なるほど、原材料には「麦、さつまいも、麦麹、米麹」とあります。そして、芋焼酎「魔王」でおなじみの「白玉醸造合名会社」の焼酎なのだとか。

「魔王」が特別好きなわけではないけれど、「麦と芋のブレンド」に興味がそそられます。評判を聞くと「好き嫌いが分かれるお酒ですね」とのこと。新し物好きとしては、買わない手はありません。念のため口に合わないといけないので、四合瓶を購入しました。

夫の帰宅後に、早速、試飲します。芋焼酎に比べてまろやかで美味しい〜! インパクトがあるお酒を好む夫も「飲みやすくてこれはこれで美味しい!」と。

ラベルより引用
名酒といわれる酒がある。名酒といえば、はかないものと相場は決まっているが、この酒は“はかない”というよりは“深い”と評したい。なぜならば、はかないほど風紋にも似た淡い琥珀色は飲む人の心を動かされるだけではなく、舌上から伝わり、徐々に体の中に行きわたる。...略...

機会がありましたら、皆さまもぜひ一度、飲んでみてください! 琥珀色のこの焼酎、なかなか味わい深いですわーい(嬉しい顔)

元老院の写真

かくいうわが家は、あっという間に四合瓶を空けてしまったので、一升瓶の元老院を買いなおしたのでしたあせあせ(飛び散る汗)
タグ:焼酎
posted by aki at 16:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめのお酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お花見に持っていきたい日本酒★鮎のさくら色酒

こんにちは。新潟県のJIUです。

昨日の新聞で「東京・靖国神社にある桜(ソメイヨシノ)が開花した」という記事を読み、桜前線が気になる今日この頃……。晴れ

こちら新潟では、桜の開花までまだ日がありますが「そろそろお花見の準備を〜」と、酒屋さんにチェックしに行きましたるんるんこの時期は春限定ビールなど、たくさん出ているのでは……?と思ったのですが、自分には目新しいものが見つからず…。(ビール関連しか見ないから??)

ただ、代わりに?いつものビール缶に、桜の花がデザインされたものをいくつか見かけました。うちがたまに飲んでいるサントリー金麦もそのひとつ。

サントリー金麦 桜缶の写真

コレを飲んで一足早い花見気分???と思っていたところ、日本酒売り場でこちらを見つけました

特別純米酒 『鮎の さくら色酒』

以前も地元上越市のピンクのお酒「桃姫」をご紹介しましたが、お隣の妙高市の蔵元『鮎正宗』にも、やはりありました、さくら色のお酒。

ビール党の私も、この季節限定物にはヨワイです^_^;

鮎のさくら色酒の写真

本当にキレイなピンク色で、甘くて飲みやすいです。「さくらの花が散るまでにはお飲みくださいと申し上げています。」と書かれているとおり、今の時期にピッタリのお酒♪特に女性におすすめですが、あくまで日本酒ですので、飲みすぎ注意です!

通販でも購入可能です↓
『鮎のさくら色酒』特別純米ピンクにごり酒500ml///新潟の地酒、日本酒、アルコール、限定、結婚式、父の日、母の日、敬老の日///
<クリックするとビッターズの商品ページへリンクします>

ちなみに、わが町上越市の“高田公園”は日本の三大夜桜の一つとして、毎年多数の観光客が訪れます。ぜひ一度足をお運びくださいませ〜

第85回高田城百万人観桜会
タグ:日本酒
posted by JIU at 05:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめのお酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

北海道限定★リニューアル発売!サッポロビールの発泡酒「道産素材-SELECT-」

こんにちは。北海道のSUNです。

北海道にも春が近づいてきましたぴかぴか(新しい)
雪かきで、苦労して積み上げたexclamation&question雪の山がみるみる低くなってきています。(晴れってすごい!の一言です)

さて昨年5月に、ようやく咲いた桜をバックに北海道限定の発泡酒、サッポロ「道産素材」をご紹介したのですが、覚えてますか?(ませんね・・・わーい(嬉しい顔)

発泡酒が苦手な私も、味も苦みもしっかりあって「おいしい!」と思った「道産素材」 。

下の写真、左の発泡酒が2009年発売当時の「道産素材」ビール(右のビールは、北海道限定ビールのスタンダード、人気のサッポロ「クラシック」です)

北海道限定・サッポロ「道産素材」と「クラシック」


先月、「久しぶりに飲みたいな〜」とビール売り場を探したら、

「ないあせあせ(飛び散る汗)
「販売中止ってことないよね〜たらーっ(汗)たらーっ(汗)

もう一度良く見たら、ラベルがリニューアルされてましたひらめきサッポロ「道産素材-SELECT-」

北海道限定発泡酒・サッポロ「道産素材-SELECT-」


ずいぶん違うデザインになっていたので、わかりませんでした。名前に「SELECT」もついてます。
リニューアルされたのは、パッケージデザインだけではなく、中味も!

★原料の75%以上が道産素材
★旨さをじっくり引き出す長期熟成製法採用
★アルコール度数は0.5%アップで、5.5%


だそう。

飲んでみると・・・うれしいグッド(上向き矢印)さらにビールライクになってました。
ちょっと高級な感じのデザインになっていますが、価格もかわりません!(私は、スーパーで350mlを150円弱で購入。500mlも200円弱でした。)

GWや夏に北海道旅行を計画されている方は要チェックですよ。コンビニでも売ってる(はず!?)ので、ぜひ飲んでみてくださいね。もちろんお土産にもプレゼントおすすめでするんるん


◆CMのお話◆

発売当初からのCMは、「鈴井貴之さんって?北海道限定発泡酒「道産素材」イメージキャラクター」でも紹介した鈴井貴之さんが登場!

今回は、サザエさんのマスオさん・アンパンマンのジャムおじさんの声でおなじみの声優・増岡弘さんの「知床旅情」の鼻歌と、

「おっ!うま〜い。後味まで、うま〜い。」

というナレーションが印象的です!

道産素材350ml×24本(Ocean北海道)

posted by SUN at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめのお酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

バンクーバーオリンピック観戦中!銅メダルだってすごい!赤のスパークリングワインで銅メダリストを祝福

こんにちは、Nagi@静岡です。
みなさん、オリンピック見てますか〜?

今日はテレビにかじりついて女子フィギュアを応援。
浅田真央選手はミスもあって残念な結果でしたが、重圧に負けずに滑りきったキムヨナ選手の演技は素晴らしかった。
日本人なら当然日本びいきになるのは差し引いても、スポコン漫画の影響か、日本人はとかく必殺技というか、難しい技をやった方を評価する傾向があるように思うのです。

たしかに技術の向上を追い求めることも必要だと思うのですが、ひとつひとつの要素を丁寧に仕上げ、全体の完成度を高めることも大切ですよね。
結果としては、それがキムヨナ選手の世界最高得点更新での金メダルになったワケで。

真央ちゃんと点数が開きすぎという声もあるようですが、デザインの世界でいう「美はディテールに宿る」を体現したようなキムヨナ選手の演技には、やはり金メダルがふさわしいかなあと思うのです。

惜しむらくは、真央ちゃんがノーミスで滑っていたら・・・。自分の納得のいく演技が出来ていたら・・・。
その頂上決戦が見れなかったのが残念。

さて、「自分の納得のいく演技」といえば、先週の男子フィギュア、4回転に挑戦して失敗したけれど、自分の思った通りに演技して銅メダルを獲得した高橋大輔選手の演技に感動。
久しぶりにテレビの前で飛び上がって応援しましたよ。

金メダルを獲得したライサチェック選手のように、4回転を回避すればメダルの色は変わったかもしれないけれど、自分が理想とする演技に挑戦したその心意気をお祝いすべく、買い物に出たスーパーで買い求めたのがこちら。

ガンチア・スプマンテ・ロッソ
gancia_rosso.jpg

シャンパン・・・とまではいきませんが、シャンパン気分をリーズナブルなお値段で楽しめるおすすめスパークリングワイン
今回は銅メダルのお祝いですから、めずらしい赤のスパークリングワインです^^

甘〜い飲み口と、赤ワインならではのボリューム感。そのうえスパークリングのさわやかなシュワシュワがあって、もう〜絶妙なバランスで。

クリスマスや誕生日、還暦のお祝い、ちょっとした記念日に、ぜひお試しあれ。
posted by Nagi at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめのお酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

今年のバレンタインはカナディアンアイスワイン

こんにちは、神奈川のakiです!

先週末はバレンタインデー黒ハート デパートに行ったついでに、チョコレート売り場にも足を運んでみました。色々と美しいチョコレートが並んでいて、どれにしようかと悩んでいる中、ふと目についたのが「カナディアンアイスワイン」。「アイスワインって何? 凍ったワイン!?」などと思っていると、試飲もできますよという言葉につられ、ふらふらと引き寄せられました。

アイスワインを一言で表現すると“自然に凍った完熟葡萄から造られるワイン”とのこと。試飲してみると、濃厚であまーい。貴腐ワインをほうふつさせます。聞いてみると、「天然に濃縮された果汁を発酵させる」という原理が同じなのだとか。

葡萄が凍る極寒の早朝に、一房ずつ手作業で収穫し、その凍った葡萄からは、通常の葡萄の8分の1程度の果汁しか搾汁できないという。そして、温暖化の影響で欧州のアイスワインの生産量が急減している中、カナダでは安定した高品質のものを生産している。

「今年のバレンタインはチョコレートではなくカナディアンアイスワイン!」と夫に宣言して購入したのは“Konzelmann Estate Winery ヴィダル アイスワイン 50ml”
カナディアンアイスワインの写真


売り文句は「クローヴや紅茶のような複雑なアロマと、オレンジや金柑のシロップ漬けを想わせる甘さ」。

バレンタインのチョコレートに負けない芳醇な甘みを楽しみながら、生産者の苦労や環境問題にも思いをめぐらす、ちょっぴりビターなバレンタインの夜でしたバー
タグ:ワイン
posted by aki at 05:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめのお酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

ショコラ ブルワリー(Chocolat Brewery)試飲レポート☆サッポロとロイズのコラボ商品のお味は?

こんにちは、奈良のマロンですわーい(嬉しい顔)

以前に紹介したSAPPORO(サッポロビール)とROYCE'(ロイズ)のコラボ商品、チョコレート味の発泡酒「ショコラ ブルワリー(Chocolat Brewery)」のビター味。実は、近所の酒屋で購入して、先週に試飲済み。ice-creamさんもご家族がショコラブルワリーを飲まれた感想を紹介していましたね。たしかに軽いという感じ。少し酸味もあり、まるで黒ビールを飲んでいるよう。チョコレートの風味がたっぷり効いたお酒でした。

私が購入した酒屋さんでは、こんなにかわいくラッピングして届けてくれましたよ。

ショコラ ブルワリー(Chocolat Brewery)bitter味の写真

そして、昨日、インターネットからのみの限定販売のスイート味がSAPPOROからわが家に送られてきました。そこで今回は、Chocolat Brewery Sweetの試飲レポートをお届けします♪

こんな感じのパッケージに3本セットで入っていました。

バレンタイン仕様にラッピングされたショコラ ブルワリー(Chocolat Brewery)sweet味の写真

早速、試飲をしてみました。
「あま〜い」

ビターよりももっとチョコレートの香りが強く、味はまるで甘みを抑えたココアを飲んでいるみたい。

梅酒やチューハイなどの甘い系のお酒が好きな私にはピッタリ。
「おいし〜い」

ビールや発泡酒などの特有の苦味が全然ありません。ジュース感覚でゴクゴク飲んでしまいそう。と思って、裏の表示を見たらアルコール度数たったの5%。でもカロリーは1缶182Kcalで普通のビール以上でしたがく〜(落胆した顔)ゴクゴクはまずいですね。

さて、週末はバレンタイン。夫はどんな感想を言うかなぁ?

ショコラ ブルワリー(Chocolat Brewery)スィート味(左)、ビター味(右)

ショコラ ブルワリー(Chocolat Brewery)左スィート味、右ビター味
posted by マロン at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめのお酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

サントリーMILMIX(ミルミクス)の期間限定「ショコラバナーヌ」☆バレンタインデーのチョコ代わりにも♪

こんにちは。札幌のice-creamです。

もうすぐ2月14日のバレンタインデー。左党の夫はチョコレートよりもお酒のほうが喜ぶので、たいていはビールなどをプレゼントします。今年はまだ準備していないのですが、先週末“プレバレンタイン”と称して、近所のスーパーで見つけたチョコ風味のお酒を楽しむことにしました。

私が選んだのはNagiさんの記事『牛乳カクテルのススメ☆サントリーの「ミルミクス」レビュー』でも紹介されていた、“FROM おうちカクテル隊サントリーMIL MIX(ミルミクス)の、期間限定「ショコラバナーヌ」味です!

牛乳で割って甘いミルクカクテルの出来上がり♪お味は、露店の“チョコバナナ”に似ていたかな?バナナミルクよりはチョコ味が強く、カルーアミルクよりも甘いです黒ハート

サントリーのサイトにはミルミクスのおいしいレシピも紹介されていたので、今度はひと手間かけて楽しんでみます。モニターキャンペーンもやっているので、応募して抹茶や苺味と比較しても楽しそう。

ちなみに夫が飲んだのは、マロンさんの記事『チョコレート味のお酒「ショコラブルワリー(サッポロビール)」2010年1月13日発売!バレンタインにいかが?』で紹介されたショコラブルワリーです。感想は「う゛〜」だそうふらふら ガツンと重いギネスビールが好きな人なので(私は甘いベイリーズですがわーい(嬉しい顔))、甘いビールは想定外だったかも!?

2010年のバレンタインは日曜日。職場での義理チョコが無い分、家族でチョコ味のお酒で楽しむのもいいな〜と思った週末でした。
posted by ice-cream at 02:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめのお酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

黒糖焼酎のみき割り★奄美大島を去る前に飲んでみたい!

こんにちは、奄美大島在住の紬美です。

こちらでは、今、彼岸桜が見ごろで、少しずつですが春の訪れを感じ始めています。

彼岸桜の写真


さて、転勤族のわが家にとって、奄美大島生活は残り2カ月ほどとなりました。悲しい〜もうやだ〜(悲しい顔)
今頃になって、「まだあそこに行っていない!」「まだあれ食べてない!」と焦りまくっています。

お酒関係ですと、黒糖焼酎の「みき割り」を試せていないのが気になり中。

『みき』というのは、奄美大島で昔から飲まれている健康飲料。スーパーの牛乳売り場などで売っています。パッケージも牛乳のようですよるんるん

主な原料は米、さつまいも、砂糖で、これらを発酵させて作ります。
「花田のミキ」「平のみき」など、色々なメーカーのものが売られていて、原材料も少しずつ違うとか。

味は、アルコールなしの甘酒という感じで、ドローっとしていて、買ってからしばらくおいておくと酸っぱくなります。ヨーグルトっぽいと言う方も。私の知人はこれにはまっていて、「太る〜」と言いつつも、毎日飲んでいるそうです。

私は、みきを一度だけ買って飲んだのですが、ちょっと苦手な味でしたふらふら
でも、黒糖焼酎のみき割りは、かなり気になっていますexclamation×2
それなら、「みきを買ってきて飲めばいいのに」と言われそうですが、
ひとりですと、飲みきれる自信がなく……バッド(下向き矢印)
今度、友達が来るときに試してみようかと思っています。

どんなお味になるんでしょうねexclamation&question
お湯割りや水割り、ロックで黒糖焼酎を飲むより、おいしいのかなexclamation&question
とっても楽しみです。

ちなみに、ちょっと調べてみたところ、東京のJR亀戸駅の近くにある
「奄美の家」という居酒屋でも「みき」を飲める可能性がありそうです。
奄美に旅行に行くお客さん達からもよく聞かれる『みき』。"奄美の家"ではたま〜に出しています。飲みたい!!と言う方には1週間前位に言ってもらって取り寄せたりもしています。

このお店、奄美の居酒屋と同じようなメニューが並んでいて、親近感がわきます。トビンニャ(まがき貝)、あおさの天ぷらは、私が奄美の居酒屋でよく頼むメニュー。おいしくて、おすすめです。


もし、黒糖焼酎のみき割り、飲んだことがある方がいらっしゃいましたら、ぜひそのお味を教えてください〜るんるん
posted by 紬美 at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめのお酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。