2009年03月13日

埼玉の地酒「花陽浴〜はなあび〜 大吟醸 おりがらみ」

こんにちは、奈良@マロンです。

今回は、私のおすすめのお酒、埼玉の地酒南陽醸造「花陽浴〜はなあび〜 大吟醸 おりがらみ」をご紹介します。ワインやカクテル好きに是非飲んで欲しい日本酒です。

3月3日のひな祭りで、白酒を探している時に、「代わりにこれは?」と紹介されたのが、この南陽醸造の「花陽浴 大吟醸 おりがらみ」です。

実は、私、ワインやカクテルなどのフルーティーなお酒が大好き。あの日本酒特有の匂いがちょっと苦手だったので「どうしようかなぁ」と思っていたら、お店の人が飲み頃のものを試飲させてくれました。

一口飲んでびっくり!!フルーティーな香りが口の中に広がり、シャンパンのようにお酒が口の中で弾けているんです。
日本酒特有の匂いも気にならない程度だったので購入することにし、会計をしていると、店主が「このお酒はね、29歳の若い人が作っているんですよ。開栓してから3日目ぐらいが飲み頃ですよ」と教えてくれました。

家に帰って早速、開栓して一口飲んでみました。試飲したものより若いという印象。口の中で中高生の男子がドンチャン騒ぎをしているような感じといえばどれだけ弾けているかわかってもらえるでしょうか?

そして、3日目、夫と鍋を囲みながら一杯。口の中では、中高生だった男子も社会人2年目ぐらいに成長し、落ち着きが出てきつつも夢や希望をもちながらばりばり働いている、そんな感じです。

仕込水は、埼玉伏流水(荒川水系と利根川水系)の井戸水を使用。軟水は、酒質がやわらかく、口当りの良いまろやかな酒ができるそうです。吟醸の香りや旨みを残すため、炭素ろ過することなく、瓶燗急冷という製法だとか。

確かに口当たりがまろやかで爽やかな軽さがあります。洋食やグリコの「チーザ」にも合いそうですよ。


南陽醸造株式会社 花陽浴(はなあび)



posted by マロン at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめのお酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

やっぱり美少年が好き

こんにちは、Nagi@静岡です。

先週、ダンナがめずらしく美少年純米酒を買ってきました。

昨年、日本中を震撼させた偽装米事件以降、美少年酒造のすべての銘柄が店頭から消えてしまい、ホンっっっっとに久しぶりに手に取る美少年
つぶれてなくてよかった〜。がんばってたんだね!

美少年酒造の社長が、テレビのインタビューで国の責任やなんやと騒いだ反発か、「水や米にこだわりを持って作ってて、何で事故米に気がつかないかなあ、人のせいにする前にもっと品質に責任持てよ」、という反感を抱いた人のサイトも見かけました。

でも、お酒に使われる米は、ラベルを見ればわかりますが、精米率60%や50%など、お米を半分の大きさになるまで削ったものを使うので、ウソをつかれたら誰にも分からないのですよ。

精米でどれだけ見た目が変わるかは、実際に体験済み。
ダンナの実家が農家なので、たまにお米を送ってくれるんですが・・・なんじゃコラ!?
結婚して初めて見る農家の米。スーパーに並んでいるお米とは明らかに違う。虫が食った黒い米が点々と・・・。たまに虫自体もいる、ギャアアアって代物。
これも、きれいに精米してしまえば分からなくなるのかも・・・。

さて、美少年の話に戻りますが、ここで危機に瀕した美男・・・じゃなくて、美少年を救わなくては女がすたる(?)
店頭に出てきていただけたのなら、さっそく飲もうじゃないですか。

今回飲んだのは純米酒だったけれど、なんといってもイチオシなのは美少年のにごり
独身時代には酒屋で見かけるたびに購入し、友達同士の集まりにも持参。女性受けするさわやかな甘さと、一升瓶もあっという間に空にしてしまう口当たりの良さ。
ぜひ一度お試しを^^
美少年 にごり酒
posted by Nagi at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめのお酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。