2010年09月24日

秋の味覚☆いくらの醤油漬け&塩漬けの作り方

こんにちは。新潟県のJIUです。

ようやく涼しくなってきました。夏が終わるのは寂しいですが、“実りの秋”もワクワクしますね♪

先日、実家の父が生筋子(すじこ)を買ってきました。地元で捕れたものかは分からないのですが、この時期、産卵のために生まれ育った故郷の川へ戻ってくる鮭のことを『秋味・秋鮭』と言うそうです。まさに今が!小学校時代、学校で育てた鮭の稚魚を放流したことを思い出します。あの稚魚たちも故郷の川に戻ってきてくれたものでしょうか…(そして食べたのだろうか…私)

さて、父はその生筋子をほぐして『いくら』にし、半分ずつ醤油と塩漬けにしてくれました。

いくらの塩漬け&醤油漬けの写真

北海道あたりでは、筋子をほぐすタメの専用ザルが売っているそうですね。素晴らしい!ここら辺でもあるのかな…ない場合でも、以下の要領で、結構簡単にほぐせるみたいです。

@ぬるま湯に塩を入れ(なめて塩っぽいくらい)その中に生筋子を浸し、両手でつぶさないように優しくほぐします。
※薄皮を指に挟んでしごくようにすると、一粒一粒キレイに離れます。

Aある程度ほぐしたら、割り箸ですくうようにすると、まだほぐれていない部分が引っかかるので、一粒ずつ離します。

B完全にほぐれたら、つぶれた生筋子のカラを取り除きます。
※優しくかきまぜると、白いつぶれたカラが浮いてくるので、水を捨てながら一緒に流します。

Cそしてまた水を入れ、白いカラがなくなるまで何回か繰り返す。(この時は水の中に塩は入れなくていいです)
※お米をとぐ要領で

★ほぐした生筋子は白っぽくなりますが、ザルにとってちょっと時間がたてば、再び鮮やかな赤色に★

【いくらの醤油漬けの作り方】

醤油:6
酒:3
みりん:1

の割合で、鍋に入れ加熱し、沸騰する寸前に火を止めます。それをよーく冷まし、よく水気を切ったいくらに入れたら出来上がり。

※漬け汁は、いくらの1/3くらいの分量が目安

【いくらの塩漬けの作り方】

よく水気を切ったいくらに平均に塩をまぶして一晩きます。

※塩の量は、いくらの量の5%くらいが目安

どちらも、漬けて一晩おいて冷凍すれば、味も変わらず保存できるそう!

定番のいくら丼もいいですが、卵豆腐やみょうがなどと合わせて、お酒のおつまみにぜひどうぞ〜♪私はやっぱりビールかなぁ〜!(^^)!これからの季節、日本酒の熱燗と一緒に、なんていうのもよさそうです!

2010年09月22日

9/22新発売のサッポロの発泡酒「クリーミーホワイト」を試飲☆キャンペーン情報も

こんにちは、北海道のSUNです。

昨日(9/21)、何気なくスーパーのビール売り場を眺めていたら、9/22新発売のサッポロ「クリーミーホワイト」が、以前からあったように普通にexclamation&question陳列されているのを発見目あせあせ(飛び散る汗)


creamy.jpg

どうして、発売日を覚えていたか・・・それは、「発売前にプレゼント!キャンペーン」に応募していたから。ポータルサイトの広告の
30000人に当たるるんるん」が目にとまり、もしかしたらグッド(上向き矢印)と応募してみたわけです。ふとそのことを思い出せば、連休も終わり、これは落選(そう甘くなかった)ですね〜


最近、オダギリジョーさんが出演しているCMも流れていますね。BGMは、さだまさしさんが歌うドラマ「北の国から」のテーマ曲。意外にもこの曲がCMで使われるのは、初めてだそう。今まで数々のオファーを断ってきたさださんから許可がでて、新しいアレンジで歌い直された「北の国から2010-遙かなる大地より〜螢のテーマ」です。北海道の風景にぴったりぴかぴか(新しい)

また、北海道で育てた大麦麦芽「りょうふう」が使われているとのこと。産地は限定されていませんが、「北海道限定「道産素材」のサッポロビール大麦農場発見!鈴井貴之さんの新CMもオンエア中」で紹介した畑で育った可能性も(^^)

せっかく見つけたし、北海道つながり?もあるし、買ってきました!(価格は120円でした。)

この発泡酒はグラスに注いで飲むのがおすすめだそうで、ラベルにも上手な入れ方が書かれていました。「7:3の黄金比がうまさの証」の言葉通りになるように入れてみましたが、グラスがちょっと変形しているので難しかった・・・7:3になってる?どうでしょうか?


glass.jpg

地域限定販売で大ヒットしたというこの新ジャンルのお味はというと?
なるほど〜「クリーミーテイスト」ですねわーい(嬉しい顔)とってもまろやかで優しい味でした。
グラスは、必須アイテムexclamation×2だと思います。本当に泡立ちがすごいグッド(上向き矢印)5:5だって2:8だってできちゃうくらいふわふわの泡がでますよ。特許出願中のクリーミーテイスト製法のおかげで泡持ちも抜群です!

サッポロビールでは、「ネクターサワー&ネクターカクテル」のブログネタキャンペーンもやってますよ。Amebaブログの方はチャンスあり♪このネクターのお酒も大人気!らしいです。スーパーのお酒コーナーでもとっても目立っていました。(飲んでみたいと思いつつ、甘そうなのでなかなか手が出ずなのですが。。。)

「ネクターサワー&ネクターカクテル」ブログネタキャンペーン:サッポロビール株式会社

2010年09月14日

「ウイスキーはお好きでしょ」ハイボール飲んでみました。懐かしのCM『サントリーウイスキーオールド』(1996年放送)についても

ご無沙汰しています。札幌のice-creamです。

ハイボールブームなんだとか。ハイボールとは、ウイスキーをソーダで割ったもの。試飲したくなって、缶入りのサントリー・ハイボールを買って飲んでみました。

highball.jpg

暑い日にきりっとした大人の味で、やみつきになりそうでした。ただし、アルコール度数7%(!)お酒に弱い私は半分で理性があるうちにストップ。それでも次の日ずっと頭痛に悩まされましたが(この程度で二日酔いする自分が情けない・・・)。

SUNTORYの角瓶のCMに、「ウィスキーはお好きでしょ?」のコピーで小雪さんが出演されていますが、ハイボールが流行っているのはその影響もあるかも。

サントリー ホームページ
・小雪さんのCMは「商品情報」の「ウイスキー・ブランデー」をクリック、「角瓶」の「CM紹介」にあります。
・「ウイスキー・ブランデー」から、ウイスキーミュージアム > ウイスキーを楽しむ > ウイスキーのおいしい飲み方 と進むと、「ハイボール」のページがあり、「ハイボールのおいしい作り方」も、解説してありました。

WHISKY=大人のお酒、のイメージで、小雪さんは美しいですし、コマーシャルがうまいなーと思います。ただ、ターゲットが男性なのがやや不満(笑)。

大人の女性には、1996年放送の『サントリーウイスキーオールド』のCM(監督:市川準)がおすすめです。「恋は遠い日の花火ではない」というコピーやBGMの『夜がくる』(作詞・作曲:小林亜星)のメロディとともに、覚えていらっしゃるかたも多いのでは?男性編に長塚京三さん、女性編に田中裕子さんが主演されています。

数多いシリーズの中でも、私が一番好きで、印象に残っていたCMに、若き日の大森南朋さんが出演されていました!自転車が壊れて困っている田中裕子さんに、「直しましょうか」と声をかける青年です(気になる方はネットで検索して探してみてくださいね)。龍馬伝の武市半平太がきっかけでファンになりましたが、こんなにも昔にお会いしていたなんて…ビックリしましたがうれしかったです。しかも、南朋さんは、このSUNTORY OLDのCMで市川準監督に見いだされて、本格的に役者の道に入ったのだとか。大森南朋さんのお酒のCMでは、サッポロビール『オフの贅沢』も好きですが、原点は14年前にあったんですね。ありがとうございます、市川準監督!
posted by ice-cream at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知って得するなんでも情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

「立ち呑み処 蔵元 豊祝」レポート☆奈良の地酒で有名な豊澤酒造直営店

こんにちは、奈良のマロンです。

1300年祭でわく奈良に新しい地酒誕生!マッコリよりおいしい!?豊澤酒造「ずぶはち」を試飲』でご紹介した「立ち呑み処 蔵元 豊祝」

行ってきましたのでレポートします。

▼「立ち呑み処 蔵元 豊祝」(別ウィンドウが開きます)

立ち呑み処 蔵元 豊祝

私が行ったのは、ランチタイム。こちらは、11:30からランチを提供しています。
メニューは、日替わり定食(税込み700円)と決まっていますが、値段の割りに盛りだくさんの内容でしたよ。

豊祝のランチ

・ごはん
・素麺のお吸い物
・香の物
・玉子焼き
・こんにゃくの田楽
・冷奴
・筑前煮

店内は、背の高いカウンターと2人掛けの席が4席ほど。背の高いカウンターが立ち飲みのイメージそのままでした。もちろん昼からも豊澤酒造の日本酒やビールが飲めます。(250円〜)

私が紹介した『ずぶはち』残念ながら置いていなかったです。

お店は女将を中心に3人の女性で切り盛りしていて、料理も「お袋の味」という感じ。年配の女性客も1人で入れる暖かい雰囲気のお店です。

『平城遷都1300年祭』は、まだまだイベントが続きます。近鉄奈良駅東口の改札を出てすぐなので、奈良に観光で来た際におすすめです。
タグ:日本酒 料理
posted by マロン at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全国おすすめのお店紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

勝沼にワインの買い出しへ、アルガブランカ ブリリャンテ2006も!

こんにちは、Nagi@静岡です。

今年の夏はホントに暑いですね〜;;
9月に入っても朝からエアコン使ってるなんて、はじめてかも。

こう暑いとビールが欠かせないのですが・・・

ワタクシ8月からダイエット中なのです!

子どもをプールに連れていくためには自分も水着にならないといけないワケで・・・。
え?でも、こんな足やら腹まわりを人前に出せないじゃん!

今年はプールはやめよう(笑)!

・・・そうは言っても、来年までにはもう少しなんとかしないと。

平日は休肝日として、ビールの代わりに強炭酸のミネラルウォーターを飲んで運動して、週末に一週間分のアルコールをいただくことにしました(痩せるか?これで?)。

そんなワケで先月、ぴかぴか(新しい)ゴージャスな週末ぴかぴか(新しい)を演出するためのワインを山梨県の勝沼で山ほど買ってきました。
まずは「ぶどうの丘」で1100円払って全銘柄を試飲(ダンナは運転手なので試飲は私だけ)。
tika01.jpg
(写真:手前で籠を持ってるのはうちの息子)

この日はけっこう混雑していて、酔っ払っている人が多いのか、何度か試飲用のワインが割れる音が・・・。

ワインを吐き出すつぼもあるんですが、試飲の数が多いと、いちいち吐きに行くのがめんど臭くて、結局全部飲んじゃったりするんですよね〜。
白の辛口から始まって、白甘口、ロゼ、赤甘口、赤辛口と進みますが、ロゼにたどり着くころには、すでに足元がおぼつきません・・・。
yopparai.jpg
(写真:娘に手を引かれているワタシ)

次に勝沼醸造で、モーニングの「神の雫」で紹介されていた、和食に合うシャンパン「アルガブランカ ブリリャンテ2006」を購入。ウチの双子の誕生日をお祝いするため(ただの口実)です。
このワインは一本一本びんの中でぶどうを発酵させるシャンパーニュと同じ製法で造られていて、国内外で大変評価が高いのですが・・・、お値段も少々高かった・・・
まあ、特別だからということで。
wine02.jpg

勝沼醸造でも一通り試飲しましたが、ここではユニークな試飲がありました。同じ銘柄のワインを生産者別、畑別、年度別の6通りで飲み比べです。
katunumawine01.jpg

こういう細かい飲み比べの機会は、なかなか無いですよね。それぞれのワインに個性があって楽しめました。
この時、近所のおじさんがお客さんに出す用のワインを探しに来ましたが、試飲の仕方が「ぶどうの丘」の酔っ払い集団と違う!
グラスをちゃっと回して、ワインを口に含むとペッとつぼに出してましたが、その一連の動きがジェントル〜(でも農作業着姿)。
ワインが生活に溶け込んでるんですね〜。

さて、今回の収穫はこちら。
wine01.jpg

これを書いてる時点ですでに何本か空けたんですが・・・

あれ?試飲の時とイメージが違うかも?

飲み過ぎて舌がおかしくなってたみたいです;;
過ぎたるは及ばざるがごとしとはこのことか。

今回の目玉だった「アルガブランカ ブリリャンテ2006」も、・・・う〜ん、子どもの誕生日に飲むワインではないな。
この手のワインは好き嫌いもあるので、他人の評価よりも自分で確かめてみたほうがいいですね。

去年もこちらで紹介しましたが、来月は勝沼でぶどうまつりがあります。今年は10月2日(土)みたいですよ。現地にいかれる方は、くれぐれも飲み過ぎないように。
タグ:ワイン 試飲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。