2010年07月16日

梅酒の薬効と梅肉エキスの作り方

こんにちは、奈良のマロンです。

今年はバタバタしているうちにすっかり梅の季節が過ぎてしまい、毎年作っていた梅酒も梅ジュースも梅干も作ることができませんでした。もうやだ〜(悲しい顔)

先日、友だちが、「子どもが古いパンを食べてしまったのであわてて朝から梅酒を買いに行った。」と言っていたのです。

「なんで梅酒?」と聞くと、

「うちは、昔から食中毒になりそうな時は梅酒を飲んでいるねん。」とのこと。

実はマロン、長男が幼稚園の時に梅酒と梅ジュースを間違えて与えてしまい、急性アルコール中毒にしてしまった経験があったので、食中毒を防止する薬効があると聞いてとても驚きました。

コップ1〜2センチぐらいの梅酒だったんですけどねぇふらふら水で割って一気飲みしたのが悪かったのかしら?すぐに水を飲まして嘔吐させましたが、じんましんが出て眠ってしまいました。救急病院に電話して聞いたら、落ち着いているなら家で様子を見るようにと言われ、大事に至らなかったのですが・・・。

梅に含まれるクエン酸は、体に良いことは有名ですが、そのクエン酸やミネラルが浸出したのが梅酒。アルコールは水と違い、胃壁から吸収されるので梅の有効成分を効率よく取り入れることができるそうです。

長男がアルコールを飲んでも大事に至らなかったのは、梅酒だったからかもしれません。

友人の話では、子どもに飲ますときはティースプーン1さじほどの量だそうです。

アルコールが心配な方には、「梅肉エキス」を作っておくといいですよ。私は、以前市販のものを買っていましたが、お腹の調子を崩しやすい子どもには、おかゆに混ぜたり、番茶に混ぜたりして飲ませていました。手持ちの本「簡単梅・梅干・梅クッキング」(婦人生活社)にレシピが掲載されていたのでご紹介します。

【梅肉エキスの作り方】梅1キロで約20グラムの梅肉エキスが作れます。
※青梅は無傷のものを用意。おろし金や鍋は金属のものは使わない

1.青梅はていねいに水洗いし、いったんザルにあげて水気を切り、さらに一粒ずつ布巾で拭いて水気を取る。

2.陶製のおろし金ですりおろす。

3.すった青梅を木綿のこし袋に入れて、汁を絞る。

4.絞った汁を土鍋かホーロー鍋で弱火で煮詰める。(煮立てないように、焦がさないように注意)

5.最初に浮いてくる灰汁は取り除く。(最初に緑の液体が淡い茶色に変わり、さらりとした液が次第に重たくなってくる。)

6.木じゃくしからひらひらと落ちるくらいに煮詰まったら出来上がり。冷める前に火から下ろす。


こちらは民間療法なので、病気の時は、病院での指示を受けながら補完的に使ってくださいね。

それにしても、梅ジュースを作った時には梅酒と間違えないようにしっかりとラベルを貼って管理しなければいけませんね(反省)

タグ:梅酒
posted by マロン at 07:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | お酒おもしろ雑学&基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

自家製ベリージャムとボンベイサファイアドライジンでカクテル作り

こんにちは、北海道のSUNです。

1カ月くらい前に勢いでexclamation&question買った「ソーダサイフォン」。どんなもんだろうと思っていましたが、これがなかなか大活躍!です。


何日かなら保存がきくので、いつでも「適量が使える」。そして、「ペットボトルのゴミが出ない」ところが気にいってます。

ソーダサイフォン活用術(まあ、ソーダと同じなんですが^^;)、今日は、自家製ベリージャムとジンのカクテルの作り方です。

我が家の庭には、前に住んでいた人がそのまま置いていってくれた植物がたくさんあるのですが、ベリーもその1つ。(詳しい種類はわからず……)毎年、徐々に増えているとはいえ、ほんの小さな実なので、そのまま食べても物足りない感じ。なので、収穫したら、その都度レンジでベリージャムにしてしまいます。作り方は簡単。

≪簡単ベリージャムのレシピ≫

1.ベリーを洗って、水気をふく
2.耐熱の器に入れ、適量の砂糖をまぶす
3.ラップをかけて、レンジにかける(時間は量によって様子を見ながら)
4.できあがり

簡単・レンジでベリージャム


そして、ジンは「ボンベイサファイアドライジン」。この涼やかなブルーに魅かれて購入したのですが、香りもよく、とてもおいしいジンです。アルコール度数は47%!危険爆弾ですわーい(嬉しい顔)

ボンベイサファイアドライジン


カクテルの作り方は、ジャムとジンにソーダとレモンをプラスして軽くステア。レモンの量はお好みで。

ベリージャムとジンのカクテル


ベリーのフルーティーな香りがジンとよく合って、おいしく飲みやすい♪自家製ジャムなので、甘さも調節できて◎ですよ。

posted by SUN at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめのお酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

夏でも鍋?「ビール&カレー鍋は美味しいよ」のレシピ!

皆さん、こんにちは!
大津のもーちっちです。

だんだん暑くなってきましたね〜。
我が家の近くの道路の端に備え付けてある温度計では36度を表示していました!
・・・36度って夏日じゃん!

こんな暑い日は、つめたい食べ物をさら〜っと…
という気持ちもわかりますが、そればかりじゃスタミナ切れになりますよ!

暑い日こそ熱いものを!
7月4日のTOKIOの番組、日本テレビの「THE 鉄腕ダッシュ」「世界の納涼グルメ 一番涼しくなれるのはどれか!?」を放送していましたが、一番涼しくなるのは、つめたい食べ物ではなく、辛みの成分カプサイシンが入ったブラジルの辛い料理「ムケッカ」でした。辛いものは発汗効果があり、汗を引いた後涼しくなるんだそうで。

だから、「夏にカレー」はある意味正解な訳ですね!

今日は、さらに熱く^^;!
「カレー鍋」はいかがでしょうか〜〜

じゃーん!
オリジナルのカレー鍋!
ビールがさらにおいしく感じる!カレー鍋

いろいろほかのおつまみも並んでいますが^^;
(友達と宴会でした!)

カレー鍋って冬場はレトルトで鍋の素みたいなのが売っていましたが、さすがに夏場はなかなか見かけません。

そこで、オリジナルですが作ってみたのです。
これがまた、野菜たっぷりでおいしー♪

体は暑いし、口の中は辛いから、これまたビールが進むー♪

早速レシピをご紹介します。
オリジナルなのでかなり目分量的な感じではありますが、そのあたりご了承ください。

<材料>
豚肉・キャベツ・白ネギ・玉ねぎ・人参・ジャガイモ・もやし・ニラ・まいたけ・油揚げ
※適量ですみません!でも野菜は「ちょっと多すぎ?」というぐらいでちょうどです!

<スープ>
市販のカレールー(辛さはお好みで)1/4箱ぐらい、とろとろの感じで!
カレー粉(このみで)
かつおだし

<作り方>
1.野菜は食べやすい大きさに切る
2.油揚げは油抜きして2cmぐらいの細切りに
3.土鍋に水を入れ沸騰したらかつおだしとカレールーを溶かし入れる。カレー粉を好みで足す
4.3の鍋に豚肉を入れ、少し火が通ったら野菜・油揚げを入れる
5.野菜・肉が煮えたら出来上がり!

【ポイント】
・野菜は多めでも大丈夫、火を通すとしんなりするし、カレー味で思った以上に食べれます^^;
・シメはうどんがいいかも!

汗かきながら、ふーふー言いながら鍋をつつき、そこでカキーンとつめたーいビールは格別ですよ!

・・・ということはキムチ鍋もいけそうですね!
私キムチ鍋も大好きなんです〜またやってみよっと!

この夏、ぜひお試しください!


2010年07月08日

梅雨の晴れ間に、庭で梅酒用の梅の実を採取♪

こんにちは。新潟県のJIUです。

日中はあまり雨が降らない印象の今年の梅雨…。でもジメジメムシムシで湿度はすごいたらーっ(汗)

「梅雨」というだけあって、この時期はが旬ですね!

私の実家の庭に2本ある梅の木。25年ほど前、新築すると同時に枝を頂いて以来、ほぼ毎年実を付けてくれるそうです。梅酒の仕込みの時期としては遅目?かもしれませんが、決まって7月1日に梅の実を採取しているよう。でも今年は春の訪れが遅く、やはり梅の実の成長も遅れたそうで、ようやく本日7月6日、採取に取り掛かりました。晴れ間も出て、かなり暑かったです。あせあせ(飛び散る汗)

梅の木の写真

それぞれこんな感じで脚立に乗って、手で取っています。
梅の種類は1本が豊後(ブンゴ)梅、1本は不明だそう。

梅の実の写真
30分程度で、計 約8キロ(升で8杯分)の梅が取れました!

たまに剪定する程度で、特に手もかからずに毎年実を付けてくれる梅の木。とても重宝しています。

恒例の梅酒作りですが、そちらの方もいつも両親任せなんです(@_@;)出来上がったものはちゃかっり頂いてる私…今年こそはお手伝いして、自家製の梅酒レシピを覚えようかな(^_-)

オマケですが。

母の足元の写真

「えー私も取るの?」と言わんばかりの、やる気のかけらも感じられない母の足元

父の足元

どんだけ?という気合の入りっぷりがすごい父の足元でした
地下足袋登場…

※実は父は大工さんです。
タグ:梅酒

2010年06月28日

ビールに合う!!鶏のひざ軟骨を焼くだけの、お手軽おつまみレシピ

こんにちは、Nagi@静岡です。

皆様いかがおすごしでしょうか。梅雨に入り、私の方は家に引きこもる日が続いています。
1歳10ヶ月になるウチの双子もヒマを持て余し、それの相手をする私のストレスも・・・ううう;;

こういう時はご飯を作るのも何をするのも億劫で、だんだん食事のメニューがいい加減になっていきます。

ああ〜、ご飯つくるのがめんどくさい〜・・・レトルトでいいや。
でも、酒のつまみだけ(!)はつくらないと。
なるべく手が掛からない・・・焼くだけとか煮るだけで済んで、調理時間10分以内で何かできないかしら。

こういう心理状態の時によくやるのが、「鶏のひざ軟骨炒め」。
簡単なのに、これがビールによく合うぴかぴか(新しい)んです。
torinankotu.jpg

【レシピ】
鶏のひざ軟骨を中火で焦げ目がつくまで炒め、塩コショウを多めにふるだけ!!という手軽さ。
鶏から油がいっぱいでるので、炒める時にサラダ油を入れる必要はありません。炒め終わったらフライパンの油を少し拭きとっておくといいかも。
レモンでも添えれば見た目もよくなりますが、レモンを切ることさえ面倒であればポッカレモンでOK!
一家に一本ポッカレモン!!

【アレンジレシピ】
塩コショウで物足りない場合は、炒めている時に甜麺醤(テンメンジャン)を大さじ1入れるとコクが出ておいしいですよ〜。仕上げに長ネギの千切りでも添えれば、お手軽おつまみとしては上等。

テンメンジャンの代わりに、トウバンジャンコチュジャンでもいいですね。
中華料理の調味料は、名前が難しくて味の想像がつきませんが、辛いのがお好みならトウバンジャン(四川料理など)、甘辛ならコチュジャン(焼肉屋さんでタレの横についてる味噌など)、テンメンジャン(北京ダックにつける味噌)は甘くなります。
トウバンジャンテンメンジャンを加えると、味に深みが出るそうですよ。
この3種類があれば、色々な味が楽しめますね。

鶏だから、ローストキチンのタレを作って炒めてみてもおいしいかも?
バルサミコ酢は割と好きなのですが、なかなか使う機会がありません。
ただ現在、ローストチキンのタレを作るのが面倒(!)なので、これは梅雨が明けたらトライしてみます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。